保護者の方へ

「きもの」業界を目指すということについて
このたびは織田きもの専門学校にご興味をお持ちいただきありがとうございます。

保護者の皆様は「きもの」という分野について半信半疑かも知れません。でも、実はきもの業界は非常に現実的で充分「仕事」として考えられる分野であることを知っていただきたいと思います。

日本の伝統文化である「和服」「きもの」が無くなることは決してありません。今でも卒業式や成人式、結婚式等での「きもの」の人気は揺ぎ無いものです。
また、近年では「ファッションとしての和服」にも注目が集まり、浴衣の人気や「キモノ女子」などがブームにもなっています。

一方で、きもの・和裁に関する専門技術を身につけた若者の数は年々減少の一途をたどり、若い人材が欲しい業界のニーズとあいまって、今やプレミアムな人材として注目されるようになっています。
在学中にしっかり学び、技術と知識を身につければ、希望に叶う就職をするのも難しいことではありません。
実際に本校の専攻科ではここ数年100%の就職内定率を達成しています。

また、和裁の技術は古今東西変わることはありません。今も昔も同じように手縫いで仕立て上げる技術です。
つまり、一度身につけた技術が将来にわたって長く自分の武器として通用する世界なのです。
実際本校の卒業生でも、就職後いったん家庭に入って、その後再び和裁の道に戻る人も珍しくありません。

織田学園が創立したのは1947年(昭和22年)。以来、60年以上にわたり優れた感性と技術を持った人材を業界に輩出してきました。
その伝統と実績で、業界とは厚い信頼でつながっています。

本校では「夢」に向かって進む学生達の資格取得・就職サポートはもちろん、学生生活全般、卒業後のフォローまできめ細やかにサポートいたします。
伝統と実績に基づくカリキュラム・充実の施設/設備、そしてベテラン講師陣が、技術だけではなく業界で活躍するための総合的な人間力を養います。

保護者の皆様方にも、是非、お子様の「興味」や「夢」を応援し、共にバックアップいただきますよう、お願い申し上げます。