校長メッセージ

織田きもの専門学校 鈴木貴子校長
 50年以上の歴史をもつ織田きもの専門学校は、日本の伝統文化を明日へ継承することを存在意義としています。
きものを着ること、きものを創ることが好きな皆さんに、是非未来のきもの文化を創造して欲しいと願っています。

 社会に出た時にまず評価されることは「きちんと挨拶ができる」ことと「ステキな笑顔」です。
そこで本校では「明るい挨拶 良い返事」「低賞感微」を生活理念にかかげ、入学当初からその習慣を身につけられるように指導しています。
そして、授業ではこの挨拶とコミュニケーション力、そして上級学年で経験するインターンシップを通して、社会で活躍するための下準備をします。
本校の就職率が近年の長びく不況の中でも安定してほぼ100%の結果を得ているのは、このような教育によるものであると自負しております。

 皆さんが社会で活躍できる人材となれますよう、教職員一同全力で教育に取り組んでおります。
 「織田きもの専門学校に入学して本当に良かった」と皆さんに言っていただけることが、私達の一番の喜びです。

織田きもの専門学校 学校長 鈴木貴子