在校生VOICE

親しみやすい学校の雰囲気のなかで
楽しく学んでいます


きもの専攻科 坂田 瞳
[ 大阪成蹊女子高等学校出身 ]


高校卒業後、一旦大学に進学しましたが、私事で退学を決め、その頃に興味があった着付けをきっかけに織田きもの専門学校を知りました。
実家から離れているので色々心配もありましたが、何度か体験入学に参加する度に先生方に丁寧に質問に答えていただけました。そんな親しみやすい学校の雰囲気が自分に合っていると感じ、織田に決めました。
坂田 瞳
坂田瞳さんの1日を紹介
8:30  登校
9時から始まる授業に間に合うように早めに家を出て電車で通学しています。
学校の最寄り駅であるJR中野駅から校舎までは徒歩1分。大好きな音楽を聴きながらノンビリ歩いています。
登校
9:00  1・2時限目
この日の午前は被服の授業です。150cm幅のウール地できものを制作しました。このきものは、最後にオリジナルデザインの型染めを施して、世界で1枚のきものに仕上がります。一針一針縫うのは難しいですが、きものの形になってくのが楽しいです。
1・2時限目
12:10  昼休み
2時限目はマテリアル(素材)の授業。
お昼ご飯は前日の晩御飯を多めに作っておいたおかずでお弁当を作って持参しています。教室で仲良しのグループと一緒にいただきます。この日は午後にイベントの練習があるので、皆とは別にきものを着てのお昼休みでした。
昼休み
13:00  3・4時限目
午後は着付けの授業です。この日は着付け3級の試験に向けて、15分で自分だけで着られるように練習しました。帯をお太鼓に綺麗に結ぶのが難しいですが、上手に着られるようになってくると、きものでお出掛けしたくなる程楽しくなります。
3・4時限目
16:10  放課後
この日は放課後に翌日のイベントで披露するきものファッションショーのリハーサルや最終チェックをしました。私はモデルとして衣裳を着て歩きました。それぞれ大変な役目ですが、皆で力を合わせて1つのショーを作り上げます。
放課後
17:30  下校
普段の放課後は、授業内で終えられなかった課題の続きをするために残ったりもします。この日は友達と翌日のイベントの話をしながら下校です。
今日も一日お疲れ様でした!
下校